大分高城のパソコン教室(大分県大分市仲西町・最寄駅:高城駅)。初心者対応のパソコンスクールです。無料体験入学は随時募集中!

(教室直通) お問合せはお気軽に

097-576-7737

パソコン教室なら、スタディーPCネット大分高城校へ!初心者、MOS資格取得、就職対策、ビジネススキルアップ、iPad、スマホ、ホームページ作成、はがき作成等々何でも学ぶことができます。また、格安パソコンの販売、初期設定等も承っておりますので、パソコンの事なら何でもお気軽にお問い合わせください。

コラム|見た目は大事です。

スタディPCネット大分高城校のワード、エクセル講座の種類は大きく分けて3種類(MOS試験対策を除く)。

内訳は、超入門シリーズ、スクール標準、セミナーシリーズの3種類だ。

超入門に関しては初心者向け講座なので別として、スクール標準とセミナーシリーズはレッスンのスピードこそ違うが、内容的には重複する部分が多いため「短期間で学びたい!」という人にはおススメするケースが多々あるのだが、9割以上の人は結局スクール標準を選択してしまう。

そうなる理由は単純明快。

スクール標準のテキストはカラー印刷なのに対し、セミナーテキストの方は白黒印刷だからだ。

もちろん字の密度もスクール標準よりもセミナーの方が高くなっているのだが、大多数の人は「カラーの方が簡単そう」だとか「カラーの方が分かりやすそう」と言う理由でスクール標準のコースを選択している。

要は中身を吟味して選択しているのではなく、見た目で判断しているのだ。

テキストにしろ、各種資料にしろ、最終的には中身が一番大事だとは思うが、まずは中身を確認してもらうためには見た目も大事。

そういう意味では、「やはり資料を作るときには多少なりとも見た目にこだわって作らないとね」と思ってしまいます。

ただし、見た目だけにこだわってド派手な厚化粧気味の資料にするのはNG。

派手すぎると目がチカチカして、50過ぎのおじさんたちの目にはキツイ資料となってしまい、資料の中身が分からなくなってしまいます・・・